起業・フリーランス

新規事業を創出する時に必要な視点・観点

会社経営する人は新規事業を創出することに必要性を感じ、どのように創出するべきか悩んでいることでしょう。

新規事業創出にはどのような視点や観点が必要か、簡単に提示します。

新規事業を創出する意義

新規事業の創出は、収益を大きくし、企業の生き残りや大きな躍進の要になります。

新規事業を創出する企業の経営者は、その意義、大事さを思い出しましょう。

収益の柱を増やせる

新規事業は既存事業に加えて収益の柱を増やせるものです。

そういった柱は服るのが大変ではありますが、長期的なリスクヘッジになります。

優秀な人材を育成できる

新しい事業を作ることで、人材を育成することもできます。

新規事業の立ち上げにおいて、アイデア出し、アイデア出し、内容を分析・検討、事業計画を立案・検証・推進していくというプロセスを経ます。

そういったプロセスでは将来の幹部候補生を育てることができます。

新規事業の立ち上げに必須なプロセス

新規事業を立ち上げるために必要なプロセスを提示します。

顧客や自社の「課題」を見つける

顧客の必要なことや自社の足りないものなど、課題を見つけましょう。

顧客や自社の課題を解決するためにどうすればよいかを考えることで、新規事業が決められることも可能です。

自社の課題は「資金が足りない」というものではなく、自社が社会貢献するため、自社が良い企業になるための課題を探します。

事業を展開する領域を決定

市場調査し、事業展開の領域を決めます。

それを明確にすることで、取り組むべき事業内容が見えます。

また、商品とサービスの市場性や事業性も見極めておきます、

ビジョンを明確にする

魅力的な理念・ビジョンを作ります。

事業のビジョンは、経営者の頭の中だけでなく、立ち上げメンバーに伝えることが必要です。

想定外のトラブルや困難に直面したときにも、理念・ビジョンがしっかりと固まっていれば立ち向かえます。

事業内容を構築する

新規事業アイデアが決まったら、事業化ができるかどうか、顧客の課題を解消できるのか、市場に受け入れられるのか、競合優位性が確保できるのかなどを問いかけながら、ビジネスモデルをつくりあげていきます。

また、その収益性や実現性などを検証して、いかにして事業を立ち上げるかを検討して、その結果を事業計画へ落とし込みましょう。

新規事業の創出に起こりがちな課題

事業撤退するかどうか

撤退するかどうかは、事業を立ち上げ、問題が起こった時に立ち上がる課題です。

サンクコスト効果で撤退する決定ができないこともあります。

市場参入のタイミング

新規事業のアイデアが煮詰められた時に、市場に参入するタイミングが課題になります。

市場や顧客の成熟を見て、良いタイミングで参入することが大切です。

新規事業アイデアを創出するためのフレームワーク

リモートワーク

新規事業のアイデアを作る時に役に立つフレームワークを紹介します。

どんなフレームワークで何ができるか、見てみましょう。

PEST分析で市場環境の全体像をつかむ

状況を「政治」「経済」「社会」「技術」の4視点から分析します。

世の中の流れから見て、本当に今解決すべき課題になっているか、冷静に判断することができるフレームワークです。

リーンキャンバスでビジネスモデルを分解

アイデアをビジネスモデルとして具体化するためのフレームワークです。

事業の課題や顧客セグメント、リスクなど、ビジネスアイデアを1枚のキャンバスで俯瞰できます。

ペルソナ分析で自社ターゲットと自社に見合ったプロダクトの分析

事業ドメインの決定や、市場性・事業性の分析に役立つフレームワークです。

仮想の顧客(ペルソナ)を想定し、その顧客が求める製品やサービスを分析できます。

ペルソナ分析をして、需要につながる製品・サービスを立案できれば良い事業と言えます。

SCAMPER(スキャンパー)法でアイデアを作る

SCAMPER法は、7つの切り口をもとにアイデア発想を助けるフレームワークです。

「SCAMPER」は、「Substitute(代用)、Combine(結合)、Adapt(応用)、Modify(修正)、Put to other uses(転用)、Eliminate(削減)、Reverse・Rearrange(逆転・再編成)」の略です。

これらの質問に答える形で発想を促していきます。

-起業・フリーランス
-, ,

© 2022 働く!を彩るワンポイント Powered by AFFINGER5