起業・フリーランス

森林を守れ!林業で起業

林業とは

林業で起業したい人は、林業とはどんな事業か知る必要があります。

森林資源を森林にもらい森林維持に貢献する

木を切って売る

木を切って、木材として売ります。

切るペースは森林の生態に配慮して、決めます。

10年ほど木が育つのを待つことがあります。

山と生態系を守る

林業によって、森林を守り、山崩れを防ぎます。

また、木々が増えることで生態系も守ることができます。

水源も保持されます。

林業は色々なやり方がある

林業は自分の山や森林を持って、経営することも可能ですが、他人の山を整備、管理することも林業です。

どんなやり方がいいか、林業で起業したいと思ったら決めてみましょう。

自分の森林を持って経営したい時も、自分の山林を取得するのは難しいため、他人からの依頼を受けて営業し、自分の森林を持つ準備をします。

森林を持って経営

自分の森林を持つことで、林業が営めます。

自分のものなので、木材を切り出したら、自分たちで売ることができます。

また、林業体験学習の場を貸し出すことで生計を立てることが可能です。

ただし、木材の品質や体験学習の内容が良くないと、営業が難しくなります。

依頼を受けて人工林を管理

依頼によって他人の人工林を伐採、管理をするのも林業です。

管理の質が問われますが、依頼人にお金をもらって営業できます。

自分の森林を持ちたい人の最初の仕事としても人気です。

林業経営のメリット

林業経営は、起業方法としてメリットがあります。

起業の方法に林業を考える人はそのメリットを享受できるか見てみましょう。

SDGsに貢献できる

林業を営むことは、SDGsに貢献できることです。

日本の森林を保ち、地球の環境保全に寄与します。

また、林業は動植物の生態系にも良いことです。

SDGsなお仕事!林業経営とは

補助金をもらえる

林業で起業するとき、補助金、助成金をもらえます。

会社設立でも補助金・助成金をもらいますが、林業を営む人に特化する補助金・助成金もあります。

農林水産業みらい基金

林業経営のデメリット

林業で仕事するとき、デメリットを感じることがあります。

体力が必要・若い人材が必要

森林での作業は体力が必要で、若い人材の必要を感じます。

暑さ寒さもあり、また、体力がないと危険な作業も多くなります。

安全面に気を付けなければいけない

危険な作業もあるため、安全面に気を付けることが必要です。

自分自身もですが、作業に駆り出された従業員の安全も省みます。

木に登ることはもちろん、切る道具の扱いで危険になることもあります。

林業で起業するのにほしい資格

  1. 技術士(森林)
  2. 林業技師
  3. 森林情報士
  4. 木材接着士
  5. 木材乾燥士
  6. 木材保存士

林業を仕事にするためには、林業や森林のことを知らなければいけません。

森林部門の技術士、林業技師、森林情報士などの資格がほしいものです。

また、木を切ったら、木材にします。

木材の接着や木材の乾燥、保存を司る資格が必要です。

林業で起業する

林業で起業することは簡単なことではありません。

しかし、SDGsに貢献したい起業家にはベストな選択肢でもあります。

また、補助金も対象になっているため、起業資金に困ることもありません。

起業したい人は、林業も考えてみましょう。

-起業・フリーランス
-, , , ,

© 2022 働く!を彩るワンポイント Powered by AFFINGER5