働き方・キャリア 豆知識・雑学

リカレント教育とは?企業に勤めても学び直しの機会を

企業に勤めている人に関わる教育である「リカレント教育」について説明します。

リカレント教育は企業が従業員へ与える教育ですが、従業員は、おざなりに教育を受けるのではなく、その意味を理解して受けましょう。

リカレント教育とは?

リカレント教育はどのように始まり、どんな意義を果たしたか、リカレント教育の目的や意義を知っておきましょう。

また、リカレント教育は生涯学習と似ていますが、二つは違います。

リカレント教育と生涯学習の違いを理解することが大切です。

リカレント教育の目的

リカレント教育の目的は、厚生労働省・経済産業省・文部科学省とそれぞれの省において、異なる目標を定義しています。

しかし、「個人のキャリアアップ・キャリアチェンジ、企業の競争力向上に資するリカレントプログラムの開発・展開を促進すること」は全省に一致した目的です。

リカレント教育をする意義

リカレント教育は企業が行う意義を持っています。

企業は、リカレント教育をすることで従業員の質を高めることができます。

従業員が教育を受けることで仕事のモチベーションを高め、パフォーマンスを高くできるでしょう。

生涯教育の違い

社会人の学び直しの意味から、生涯教育をイメージする人もいるかもしれません。

しかし、リカレント教育と生涯教育ではその目的が違います。

リカレント教育の目的は教育で得たスキルを仕事に活用することで、生涯学習の目的は生きがいのある人生を築くこと、うるおいのある地域づくりです。

生涯学習は人生を豊かにするための手段です。

リカレント教育が必要とされる理由

リカレント教育が必要とされるひとつ目の理由は、ライフスタイルの変化、DXや人材不足などです。

どうしてそれらによって必要になったのか、以下で理由について説明します。

ライフスタイルの変化

従来の学校を卒業して働き続ける単線型の人生設計から、仕事と学び直しのサイクルを繰り返すマルチステージ型の人生設計へと転換が始まっています。

社会人はリカレント教育で学び直し、その学びを仕事に生かすことが必要です。

人生100年時代だからこそ、リカレント教育の必要性を企業も人も感じています。

人生100年時代

寿命が延びて人生100年時代や少子化の時代を迎え、生涯現役で活き活きと暮らすライフスタイルへの変化が求められています。

何歳になっても学び直し、新たな段階にチャレンジできる社会の実現が求められており、リカレント教育を受ける制度の充実に大きな期待が寄せられています

DX

インターネットやIT技術が、急速に進歩しています。

企業でもDXの推進が求められています。

そこで、DXのために必要な教育の機会を従業員に与えるリカレント教育が行われました。

人材不足

少子高齢化が進み、労働力不足は深刻な社会問題となっています。

人材不足で、今いる人材にパフォーマンスアップを求めているため、そのためにリカレント教育を企業が行います。

また、仕事のブランクがある人や定年退職した人をリカレント教育で再教育することもあります。

再教育でブランクを埋め、ブランクのある人や永年退職した人を雇い入れて、戦力にすることができます。

従業員の得るリカレント教育のメリット

リカレント教育では、会社が得るメリットもありますが、従業員が得られるメリットがあります。

ここでは、従業員のメリットを解説します。

専門性の高い職業への就業

従業員が得るメリットは、より専門性の高い職に就くことができることです。

企業に勤めていても、その企業で希望の職を求めることができますし、転職もしやすくなります。

年収の上昇

リカレント教育で学び直すことで、専門性の高い職に就いたり、資格を取り、資格手当をもらったりします。

また、年収の高い仕事や企業に転職することも可能になります。

従業員のリカレント教育のデメリット

従業員に良いことがあるリカレント教育ですが、デメリットも考えることが必要です。

どんなデメリットがあるか、知って、リカレント教育を受けましょう。

就業時間外での通学

就業時間以外に通学する必要があります。

仕事と勉強を両立しないといけません。

疲れて本業の仕事のパフォーマンスが悪くなることもあります。

自分の学びたい内容を学べない

リカレント教育は、企業が従業員に期待した内容の成長に必要な教育を行うものです。

そのため、自分の期待する教育を受けられないこともあります。

自分の学びたい内容でない場合、「企業のために学ぶんだ!」といった愛社精神がある人でなければ、モチベーションは下がります。

企業の得るリカレント教育のメリット

リカレント教育には、従業員にメリットがあるだけではありません。

企業にもメリットがあるため、経営者はリカレント教育のメリットを活かすことを考えてみましょう。

生産性の向上

従業員が新しい技術の知識やスキルを学ぶことができます。

リカレント教育を受けてもらうと、専門性が高くなり、より多くの分野の業務に取り組めます。

従業員のモチベーションアップ

従業員が自分のメリットを感じて、モチベーションがアップします。

また、企業が自分に期待していると思い、企業への貢献しようという気持ちも高まります。

リカレント教育で企業も人も成長

リカレント教育は、企業が従業員に施すこともあり、従業員が自分でやることができるものです。

自分が勤める企業に教育制度や手当、学習のための休暇などがあったら、リカレント教育を受けることを考えてみましょう。

きっと企業のためになるだけでなく、自分のためになるはずです。

リカレント教育で、ますます企業に欠かせない人になり、昇給や昇格で就業が楽しくなります。

-働き方・キャリア, 豆知識・雑学
-, , , , ,

© 2022 働く!を彩るワンポイント Powered by AFFINGER5