転職・就活

転職成功しやすい業種・職種とは?年収の上がる転職・未経験でもイケる転職

転職は、成功すれば年収が上がったり魅力的な仕事やポストを手に入れられたりします。

しかし、転職市場は業種や職種などによって差があり、どんな仕事でも転職がうまくいくとは限りません。

転職しようと決めたなら、成功しやすい業種や職種に狙いを定めて、自分の願いを叶えましょう。

また、転職が厳しい業界などを希望している人は、自分が厳しい状況でも選ばれるスキルや実績などを持っているか、見直すことも必要です。

年収アップ転職が成功しやすい業種・職種

年収アップを目指す人が転職で狙いやすい業種や職種を紹介します。

年収アップしやすいのは、その時代で必要とされる仕事、景気のいい業界などがありますが、その中でもお給料の高い職種がねらい目です。

年収アップしやすい業種

業界自体の生産性が高く、年収が相対的に高いのは、総合商社、コンサル、金融業界、メガバンク業界です。

これらの会社は、他の業界に比べて給与が高くなっています。

他の業界から転職し、年収アップするには、同じ職種や仕事内容が似ている職種を目指すのがおすすめです。

これまでのスキルや経験を生かすことができ、実績も評価されるため、前の会社で活躍していた人ならば年収の底上げが狙えます。

やりがいか年収か?転職を決める際に重視したいポイントとは

反対に年収ダウンしそうな業種は?

一方、介護、服飾、ウェディング業界などは、どちらかというと給与は低い業種です。

使命ややりがいなどはありますが、年収だけを考えたらあまり魅力的とはいえません。

同じ職種間で転職したくても、業界がそれぞれ独特の特徴や職種を持ち、汎用スキルが使いにくいのもデメリットです。

年収アップしやすい職種

年収アップしやすい職種には、企画、コンサルタントなどがあります。

そもそも企画部門は、会社の花形部署と呼ばれ、忙しい反面、やりがいも年収も他の部署より高い職種です。

また、これらの職種は、異業種間の転職でもこれまでのスキルや経験を生かせますし、違う職種からでもポータブルスキルが生かせます

特に欲しいスキルとしては、コミュニケーション力や業務実行力、マーケティング力などがあります。

それ以外の職種では、ITエンジニアなどの技術職が年収アップを狙いやすいでしょう。

関連記事

汎用スキル、ポータブルスキルについてはコチラで詳しく解説!

転職で重視されるスキルとは?年代別アピールポイントと自己PR例文

未経験でも転職しやすい業界・職種

未経験でポテンシャル転職を狙うなら、これまでのスキルや経験を生かせることと一から社員を育てられる安定した業界を選ぶと安心です。

ポータブルスキルで対応できる職種

未経験でも転職しやすいのは、異業種でも異職種でも活用できるポータブルスキルを使える職種です。

特殊な技術や専門知識、資格などが必要な仕事では、全くの未経験の素人では育てるのに時間がかかるため敬遠されます。

しかし、ポータブルスキルで働ける職種なら、会社側も即戦力に育てやすいため、未経験者の採用に前向きになれます。

営業、コンサルタント業、販売は年収アップも目指しつつ、未経験で転職を検討しやすい仕事です。

異職種・異業種の経験を生かして主戦力となりやすい傾向もあります。

業界や職種を知らなくても、コミュニケーションスキルや交渉術、プレゼン力など、汎用性の高いスキルが生かせます。

事務系であれば、経理や財務、秘書、営業事務などはPCスキルやビジネスマナーがあると未経験からスキルアップを目指した転職もしやすそうです。

不況にも強いニーズの安定した業界

未経験者を雇用して、一から育てようと求人募集をかけるのは、安定した業界、業種です。

中でも私たちが選びたいのは、時代やその時々の景気に左右されず、不況でもコロナ禍でも経営が傾きにくい業種です。

どんな状況下でも人々が必要とする仕事は不況に強いと言えます。

インフラ、教育、医療、福祉などは普遍的な業種です。

また、これから先、アフターコロナの状況下で長く需要が続きそうなのは、物流やWEB関連です。

採用企業が求めるスキル

年収アップやこれまでやったことのない仕事への転職を目指す時、企業が必要とするスキルを身に付けておくと強みになります。

普遍的な汎用スキル、いわゆるポータブルスキル(持ち運べるスキル)は専門職でも必要不可欠で、業種、職種に関係なく大切です。

中途採用を迎えている企業では専門知識やスキルは育てる気持ちが強いため、採用時にはむしろ専門性よりも重視されることもあります。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、社会人として必要最低限であり、高いスキルがあれば他のどんなスキルより役立つこともあるものです。

事務でも営業でも、あらゆる職種、業種を通して必要であり、仕事を覚えるためにも使います。

どうしてもコミュニケーションが苦手な人はそれなりに人と関わらない仕事を探すこともできますが、全く人と関わらずにできる仕事はそう多くありません。

交渉・調整スキル

交渉・調整スキルは、取引先や仕入れ先などの外部との関係で使うこともありますし、部署間や上司などとの社内の関係で使うこともあります。

コミュニケーションスキルの上に成り立つスキルであり、そこに俯瞰して物事を見る力、判断力、説得力などが積み重ねられて得られるスキルです。

PCスキル

これからの就職・転職には最低限誰でも必要となりますが、高い技能や資格などを持っていると非常に重宝されます。

事務はもちろんですが、営業やコンサルなど、どんな仕事でもパソコンを使用しない仕事はありません。

資料作りやオンラインミーティング、プレゼンテーションなど、さまざまな場面で使えるスキルです。

マネジメントスキル

30代以上の転職には特に、求められるようになるのがマネジメントスキルです。

ある程度経験を積んだ社会人でないと得にくく、採用の場でも実績がないとアピールできません。

小さなチームやプロジェクトでも自分でまとめた経験があると、良いアピール材料になります。

情報収集・分析スキル

情報収集やデータ分析のスキルは、企画の作成や提案に使えるスキルです。

企画立案の立場にない人でも、自分の業務上の目標設定や上司から指示があって情報収集を求められることなどがあります。

合理的に物事を考えられる素養となり、ビジネスセンスを磨くのにも役立ちます。

ポイント

スキルは使いよう。賢い使い方によってより高評価になることも。

転職で年収アップ!給料を上げるスキルの使いまわし術とは

転職を成功させるには目的に合った業種と職種の絞り込みが重要

転職を成功させるためには、自分の目的に合った仕事の絞り込みが必要です。

業種や職種の傾向を考えながら、自分の転職の目的を達成できる仕事を選びましょう。

また、転職成功には企業が欲しているスキルを身に付けることも大切です。

こうしたスキルは一朝一夕で身に付くものではありませんが、日々の業務を振り返ることで自分のスキルに気づくこともあります。

転職を考えたら、これまで自分のやってきた仕事を振り返り、スキルの棚卸をしてみることをおすすめします。

-転職・就活
-, , ,

© 2022 働く!を彩るワンポイント Powered by AFFINGER5