働き方・キャリア

派遣社員の働き方とは?勤務・給料・仕事内容の特徴・向いている人

派遣社員の働き方は、正社員やパートアルバイト、契約社員などと少し違っています。

雇用されている会社と実際に働く会社が違う派遣社員。

「派遣社員って働きやすい?」と疑問を持っている人のために、その働き方を詳しくひも解いてみました。

関連記事

派遣社員とは何か、仕組みや契約方法を知りたい方はこちらもどうぞ。

派遣社員とは?仕組みや契約方法・実際の就労の流れ

派遣社員の働き方とは

派遣社員とは、派遣会社に登録して、派遣された先の企業で働く人のこと。

派遣社員の働き方は、普通の正社員やパートアルバイトとは違います。

働く場所は派遣先企業

派遣社員が在籍しているのは派遣会社ですが、実際に働くのは在籍している派遣会社ではありません。

派遣社員は、派遣会社から別の企業に派遣されて、そこで勤務します。

派遣先の企業に出社して、派遣先で働いて帰ります。

派遣会社に出向くことは、特別な用がない限りありません。

仕事の指示も派遣先企業から

派遣社員は、業務の指示も派遣先企業の上司やリーダーから受けます。

派遣先では、毎日の業務を正社員やパートアルバイトの人と一緒に、肩を並べて行うことも多いものです。

契約内容などの問題は、派遣会社から指示を受けますが、それ以外、仕事の話はすべて派遣先の企業だけで完結します。

給与や休暇は派遣会社から

派遣社員は、働く場所も指示を受ける上司も派遣先企業となりますが、給与や有給休暇、福利厚生などは派遣会社が出します

派遣会社は、労働者派遣法に基づいて給与や休暇などを決めます。

派遣社員の働き方の特徴

派遣社員の働き方の特徴的なポイントをまとめました。

正社員とも違っていますし、パートアルバイトとも違う、ちょっと変わった派遣社員の働き方を見てみましょう。

有期雇用

派遣社員は有期雇用です。

最初に交わす契約で、いつからいつまで働くか決まっています。

契約満了になると、その会社で働くのをやめて他の会社に派遣してもらうことも可能です。

また、派遣先から「もう一度契約して」といわれて、自分もOKの場合には、契約更新することもできます。

ただし、同じ部署で契約更新できるのは最大3年間で、それを超えて派遣で働くことはできません。

3年ルール

無期雇用派遣や紹介予定派遣も

一般派遣、登録型派遣と呼ばれるのが、いわゆる派遣社員です。

厳密にいうと、派遣労働には「無期雇用派遣」や「紹介予定派遣」という働き方もあります。

これらの派遣も契約内容などがちょっと変わっています。

時給制

派遣社員の給与形態は、基本的に時給制です。

給与金額は、派遣先の同じ仕事をする社員と同等にすることが法で定められています。

同一労働同一賃金

転勤や人事異動とは無関係

派遣社員は、最初に交わした契約の内容に基づいて、決められた場所で仕事をします。

正社員のように転勤を言い渡されたり人事異動で部署が変わることはありません

昇進もない

派遣社員は、派遣先でいくら成果を上げても、昇進することもありません。

社内で発言力が増えることはあるかもしれませんが、実質的に責任者になったり、社員より上の立場になったりすることはないでしょう。

仕事内容は契約の範囲で限定

派遣社員の仕事内容は、契約で決められています。

契約期間中は、基本的には自分に与えらえた同じ仕事をしていれば良いということです。

余計な仕事を押し付けられることがない(原則)

派遣社員は、正社員とは違い、余計な雑務なども任せられることは少なくなります。

多少は好意でやってあげる人もいますが、場合によっては正社員の人から止められることもあります。

おすすめ記事

派遣社員に向いている人とは

派遣社員の働き方は、正社員やパートアルバイトとは全く違います。

向いている人にはとても有意義な働き方となりますが、向いていない人には辛いこともありそうです。

人を選ぶ働き方なので、派遣で働いてみたいと思ったら自分が向いているかどうか考えてみましょう。

人間関係や仕事内容など割り切って働きたい人

人間関係や仕事の内容など、割り切って働きたい人にも派遣社員は快適な立場です。

人付き合いは必要最低限にしたいし、仕事もお金を稼げればいいという人にピッタリです。

職歴・経験を積みたい人

職歴や経験を積みたい人にとっても、派遣社員は良い選択となることがあります。

派遣で働いていた期間は当然、職歴となるため、ニートやフリーターが就職活動する前に職歴を作っておきたい時にピッタリです。

派遣には即戦力を求める仕事も多いため、実践経験を積みたい人にも向いています。

派遣で職歴や実力を積むことで、正社員を目指す、フリーランスになる、起業するなど、将来の成功につなげることも可能です。

いろいろな仕事に触れてみたい人

正社員とは違い、派遣社員はいろいろな会社や仕事を体験しやすい境遇です。

そもそも有期雇用なので、契約満了して派遣先を変えても、「転職歴」に悪影響はありません。

正社員で転職を繰り返すと、求人採用で問題視されることがありますが、自分に合う仕事を探している途中なら派遣社員としていろいろ試すのもアリです。

フリーターとして自分探しすることもできますが、派遣社員の方が時給は高めです。

フリーターのメリット・デメリットとは?正社員との違いや給料比較

プライベートを重視したい人

派遣社員は有期雇用で、働きたい時間や日数なども希望を出せます。

週3日勤務で、6時間労働なども可能です。

そのため、仕事に追われることなく、プライベート時間を重視した生き方ができます。

趣味に生きる人や子育て中で家庭を大切にしたい人などには、安心して快適に働けそうです。

将来やりたい仕事のために準備を進めている人

将来やりたい仕事があり、そのために資格取得を目指していたりお金を貯めていたりする場合も、派遣社員は好都合です。

有期雇用なので、後腐れなく辞められますし、契約期間を調整すれば、自分が必要な期間だけ効率よく働けます。

「3年後に起業する」「資格を取ったら就職する」などの他、「来年海外に移住する」といった場合にもおすすめです。

もっとメリットを知りたい人はこちらの記事もご覧ください。

派遣社員のメリット・デメリットとは?正社員・フリーターと比較

派遣社員はプライベートを重視できる働き方

派遣社員の働き方は、プライベートや将来の夢を優先しやすく、人によっては快適に働けそうです。

派遣社員で働くことを考える場合には、自分に向いているかどうか慎重に検討して、あとで辛くならないようにしましょう。

合わないと思ったら、正社員転職を目指した方が安心です。

未経験でも就職サポートをしてくれる転職エージェントであれば、いろいろお任せで転職成功を目指せるでしょう。

-働き方・キャリア
-, , ,

© 2022 働く!を彩るワンポイント Powered by AFFINGER5