転職・就活

職歴なしの30代フリーターから正社員就職するには?目指せる職業と仕事探しの方法

自由で気ままなフリーター生活も、早10年余。

気が付けば、30代になっていたというあなた。

ずっとフリーターでいることに不安を感じたからこそ、ここにたどり着いたのではないでしょうか?

そろそろ正社員として就職したい、そんなふうに思っている人は自分にどんな仕事ができるか、考えてみましょう。

30代、正社員の実績なしでも、十分にチャンスはあります。

職歴なしの30代フリーターから正社員を目指せる職業

正社員としての職歴がない30代でも、正社員として就職しやすい仕事はあります。

正社員を目指しているフリーターの人は、目安にしてください。

(もちろん、ここに紹介されていない仕事でも不可能ではありません)

職種

就職しやすい職種は、営業と事務、販売です。

どれも未経験からでも始めやすく、向いている人はどんどんスキルを伸ばせます。

営業職

営業職は、どの会社にも必要な職種であり、求人自体が多く、未経験でも積極的に採用する会社が多いものです。

一度営業スキルを身に付ければ、業種に関係なく転職もできますし、活躍すれば一気に出世する可能性もある花形職種です。

ただし、ノルマがあったり会社の業績がかかっているという責任を感じたりする仕事でもあります。

コミュニケーションスキルが高く、プレゼン力やリサーチ力などもあると重宝されるでしょう。

事務職

事務職も、未経験から始めやすい職種です。

ただし、女性向け求人が多く、給料も最初は低い傾向となります。

男性が事務職を目指すこともできますが、その場合にはリーダー候補のような求人を探した方が良いかもしれません。

いきなり正社員は狭き門となりつつありますが、丁寧なサポートがある転職サービスなどを利用すると可能性も高くなります。

販売職

販売職も営業と同じく、求人数が多く、未経験から幅広い年齢を採用している職種です。

アパレルや雑貨、本、食品、電化製品など、「お店のあるところに販売職あり」の仕事の多さのため、自分に合う商品を選んで入社を検討しましょう。

業種

正社員経験がない人でも、積極的に採用しており、スムーズに働き始められる業種もあります。

製造業

製造業は、未経験のフリーターにも相性のいい業種です。

未経験の社員にも覚えやすいライン作業から始め、徐々に工程を管理する立場などに出世することもできます。

ライン作業は、ベルトコンベヤーを流れる製品を加工や検品する作業で、他人と会話しなくても良い仕事です。

あまり人付き合いが上手くなくてフリーターをしてきた人にも安心して始められます。

サービス業

サービス業は、未経験者を積極的に採用している業種です。

基本的な接客ノウハウは研修で覚える必要がありますが、資格などが必要なく、コミュニケーションスキルと礼儀正しさがあれば働けます。

ある程度社会で揉まれており、柔軟な対応ができる30代フリーターはむしろ重宝されるかもしれません。

専門職・資格職

30代から資格やスキルが必要な専門職は難しそうと思われがちですが、人材不足の分野ならば今からでも正社員としてやっていけます。

IT系エンジニア

ITエンジニアは人材不足が騒がれている仕事の一つです。

近年、特に人材が不足しており、文系や未経験者を積極的に採用しています。

エンジニアは、システムを作る設計やプログラミングを行う仕事です。

パソコンが好き、細かいことを調べながら学ぶのが得意という人は、知識ゼロでもチャレンジしてみる価値はあります。

電気工事士

電気工事士は、電気設備の工事や点検などの作業をする人です。

資格は国家資格で、電気工事士の資格を持たない人は電気工事を行えません。

そのため、需要は限りなく続き、将来性もある仕事と言えるでしょう。

また、人材も不足しており、未経験から資格取得のサポートをしてくれて、一人前に育てる制度が整っている会社も多くなっています。

介護

介護の仕事も、未経験者歓迎です。

ゆくゆくは資格を取得すると良いですが、当面資格なしでも働けます。

むしろ実務経験が必要な資格なので、働きながら資格取得を目指しましょう。

資格を取ると給料も増えますが、出来る仕事が広がります。

介護も、今後の需要が途絶えることがなく、むしろ需要が増え続ける仕事です。

職歴なしの30代フリーターから正社員になるには

職歴なしの30代フリーターでも、正社員になることはできます。

ただし、その道のりは決して容易くはありません。

しっかりと事前準備を行い、自分に向いている手段を選んで道を切り開きましょう。

30代フリーターから正社員になるための準備

フリーター期間の振り返りを行う

30代フリーターが正社員になるには、フリーター期間を無駄にしてはいけません。

きちんとフリーターとしての自分の経験や実績を振り返り、就職活動でアピールポイントになるものを探しましょう。

以下のような点が高評価となるポイントです。

  • 意識して働いていたこと(効率化のため、衛生管理のためなど)
  • 実績(1時間に○○件の作業をこなせた)
  • バイトリーダーなど責任ある立場の経験

30代フリーターから正社員になる手段5つ

30代フリーターから正社員になるには、主に5つの手段を利用できます。

正社員登用制度がある会社でアルバイトをする

いきなり正社員になるのが難しそうな職種や業種では、正社員登用制度を活用すると良いでしょう。

正社員登用制度とは、バイトや契約社員として雇用され、働きながら正社員を目指す方法です。

まずは、アルバイトや契約社員などで採用を目指すので、これまでと同じで精神的なハードルも低く感じられます。

紹介予定派遣で働く

紹介予定派遣とは人材派遣の一種で、最終的には正社員(契約社員などのこともある)になることを前提とした派遣です。

派遣会社が橋渡しをするので、派遣登録が必要となります。

紹介予定派遣は、働きながら「この会社は自分に向いているか」を確認できるため、会社との相性が気になる人にも安心です。

職業訓練校に通う

職業訓練校とは、失業している人の再就職支援の一つである職業訓練をする施設です。

国や自治体の運営する学校で、ビジネスに役立つ講座が催されています。

コースは数ヶ月~2年程度のもので、自分が必要な知識やスキルを身に付けられます。

資格や知識、スキルが必要な仕事を目指す人におすすめです。

「ハローワークに求職の申し込みをする」など受講には要件があり、ハローワークで申し込みをすることが必要です。

「未経験可」の正社員募集に応募する

ストレートに求人応募する場合には、「未経験可」と書かれている募集を選びましょう。

将来的に資格が必要となる仕事の場合には、「取得制度あり」などの文言も要チェックです。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、担当のアドバイザーが相談に乗り、一緒に就職・転職活動をしてくれるサービスです。

書類の添削や面接練習などもあり、さらに応募から面接の予約などまで代行してくれます。

自分で求人を探して応募するのも自信がない人は利用してみると良いでしょう。

30代フリーターが就職しないままでいたら…

フリーターも30歳過ぎまで続けていると、いろいろな方面で弊害が出てくることがあります。

肩身が狭くなる

30代を過ぎてもフリーターをしていると、親や親せきからは「正社員になれ」とせっつかれ、知人などからは「大丈夫」と心配され、肩身が狭くなってきます。

同級生も多くは正社員で仕事を持ち、中には出世して会社でも地位を築いている人も出てきます。

家でも居心地が悪い、同窓会では人目が気になるなど、ちょっと辛くなります。

どんどん就職しにくくなる

20代より30代、30代前半より30代後半と、年齢が高くなるにつれて、どんどん自分を求めてくれる求人は少なくなっていきます。

一緒に面接するライバルも年下ばかりになっていきます。

同じ未経験であれば、企業も若い方を選ぶもの。

グズグズと行動を起こさずにいると、どんどん道は狭く、険しくなります。

>>フリーターから正社員になった方がいい?バイト生活を続けるリスクと就職への心構え

就職が嫌なら起業してみる?

30代でフリーターを続けていると、今さら会社員になれないと思う人もいます。

そんな人は、一念発起して起業してみるのはいかがでしょうか。

事業を興すなどと言うと大げさですが、個人事業主やフリーランスとして自分の得意なことを仕事にするなら小規模から始められそうです。

>>フリーランスになるには?未経験・スキルなしでも生活できるか

職歴なしの30代フリーターは早めに決断を

正社員としての職歴がなく、これまでずっとバイトで生活してきた30代。

楽しいことも多かったかもしれませんが、ここから先も同じようにはいくとは限りません。

いずれ体力も衰え、その日暮らしのフリーター生活に不安を覚えることでしょう。

そうなる前に、これからの人生を安全に豊かに過ごすために、一刻も早い決断をおすすめします。

30代のうちは、未経験求人もありますし、企業も積極的に採用していますが、そのうち企業から見向きもされなくなるかもしれません。

-転職・就活
-, , ,

© 2022 働く!を彩るワンポイント Powered by AFFINGER5