豆知識・雑学

年収400万円の手取りと生活レベルとは?一人暮らしやひとり親、結婚生活を考察

年収400万円は、一般的な年収金額と比べて高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか?

年収400万円で可能な生活水準や独身一人暮らし・ひとり親として暮らしていけるかについて解説します。

手取り金額や生活費の内訳などが分かると、年収400万円のリアルが見えてくるでしょう。

年収200万円・300万円についてはこちら。

年収200万円とは?手取り金額や生活レベル、200万円以下で暮らしていけるのか?

≫年収300万円の手取りと生活レベルとは?一人暮らしや結婚は難しい?

年収400万円って普通?

年収400万円

年収400万円は高いのか低いのか、一般的に年収400万円はどのくらいのレベルなのか知っておきましょう。

年収400万円って平均より低い?高い?

国税庁による「令和元年分民間給与実態統計調査」では、給与所得者の平均を

  • 男性 540万円
  • 女性 296万円

と発表しています。

年収400万円は、男性の平均以下ですが、女性ではだいぶ上回っています。

具体的な仕事の内容としても、部署のリーダーなどの中堅どころ、もしくは専門職などが多くなります。

年収400万円は男性としては少し少ないくらい、女性としては比較的稼いでいるといった印象です。

年収400万円の多い年齢は?

厚生労働省発表の「令和元年賃金構造基本統計調査の概況」では、以下のように年齢別の賃金表を発表しています。(月収)

年収400万円は、一般的に考えると、月額給料で約29万円ほどもらっているイメージです。

※年収は一般的に12カ月の月給プラス賞与2カ月分なので、400万円÷14か月の単純計算で算出しています。

その計算でいけば、男性では30代前半で年収400万円に達することになります。

女性の場合には、大企業にお勤めであれば40代前半で年収400万円を超える人も出てきそうです。

年収400万円の手取り金額は?

年収400万円といっても、そこから所得税などを引かれて、実際の手取りはもう少し少なくなります。

引かれる金額の目安と引かれた後の手取り金額をチェックしてみましょう。

※給料から引かれる金額は、扶養家族の有無などで大きく変わり、全ての人が同じではありません。あくまでも概算です。

年収400万円の会社員の手取り金額の目安

年収400万円の額面から差し引かれるものと大体の金額は以下の通りです。

(東京都在住・独身の場合を想定※年額)

  • 健康保険料:203,000円
  • 厚生年金保険料:377,000円
  • 雇用保険料:12,000円
  • 所得税:84,000円
  • 住民税:166,000円

年収400万円の手取りの目安は、約315万円となります。

引かれた総額は842,000円で、税引き前の400万円のおよそ21%です。

年収400万円の月給の目安

年収400万円の手取りは、単純計算で月26万円です。

ボーナスもある場合には、月22万円、残りがボーナスになります。

年収400万円のフリーランスの手取り金額の目安

フリーランスの場合、社会保険が国民健康保険や国民年金になったりかからない保険があったりと、引かれる額が変わります。

(最低限の税額で計算)

  • 所得税:26,500円
  • 住民税:63,000円
  • 国民年金:199,320円
  • 国民健康保険:139,768円

手取り額の目安は、約360万円です。

※上記はあくまでも目安であり、経費や個々の状況に応じて金額は変わります。

関連記事

フリーランスを目指すなら、プチ起業から!

プチ起業で成功するためには?選びたい業種と始め方のヒント

年収400万円の生活水準は?

年収400万円で実際にどんな暮らしができるのか、不自由しないのか、リアルな生活水準を知るのは難しいもの。

年収400万円の暮らしぶりについてチェックしてみましょう。

年収400万でいくらまで住宅ローンは組めるか

一般的には、年収400万円の場合であれば2800万円くらいまでなら住宅ローンの借入が可能です。

2800万円であれば、都内のマンションも郊外の一戸建ても夢ではありません。

エリアによってはかなり良い物件を選ぶこともできそうです。

※一般的には年収の25%が1年間に返済できる額とされています。

400万円の場合、年間の返済額の上限は100万円です。

年収400万円は結婚できない?

上記の表にもありましたが、年収400万円は男性としてはそれほど高くはありません。

とはいえ、手取り月給25万円くらいなので二人で働いていれば、豊かな暮らしができそうです。

配偶者が専業主婦(主夫)を希望する場合でも、扶養に入ることで課税額が減り、手取りが増えるため、暮らしていけそうです。

ちなみに、男性が年収400万円を超えるのは、上記試算で見ると30代半ばくらい。

ちょうど男性の結婚適齢期となります。

自分も適齢期で、もう少しレベルの高いお相手を探したい女性は、結婚相談所で年収を絞り込んで探すのも◎

≫30代の婚活には結婚相談所がおすすめ?使ってみたいサービスと価格帯をチェック

年収400万円の独身者は生活できない?

近年では、結婚せずに一人で生きる人も増えています。

それでは、年収400万円で独身者が一人で暮らしていけるでしょうか?

年収400万円の一人暮らしは余裕

年収400万円あれば、一人なら問題なく、ゆとりをもって暮らせます。

家賃の金額にもよりますが、趣味にも自分磨きにもお金をかけられるでしょう。

年収400万で一人暮らしは難しい例

以下のような場合には、年収400万円でも一人暮らしは難しいでしょう。

  • 外食が多い
  • 都内のタワマンに住みたい
  • ブランドが大好き
  • 趣味に毎月数万円かかる

ひとり親家庭で年収400万円は生活がラクになる?

ひとり親家庭の場合、年収400万円あれば楽に暮らしていけるのか、検証しました。

母子家庭では年収400万に満たない家庭も多そうですが、看護職など専門的な仕事に就くなどすれば可能となります。

年収400万円でもらえる手当

ひとり親家庭はいくつかの公的手当を利用できます。

以下のような手当を利用することで、子どもとの暮らしを維持しやすくなるでしょう。

  • 児童手当
  • 児童扶養手当
  • 都道府県の手当(東京都の児童育成手当、愛知県の遺児手当)

全ての手当には、受け取るための条件があります。(年収の上限など)

年収400万円の場合、児童扶養手当は大幅に減額される可能性が高そうです。

子どもが多い家庭はともかく、子どもが一人の場合には支給されないかもしれません。

寡婦(寡夫)控除・ひとり親控除など利用できる

年収400万円は決して低い年収レベルではありません。

とはいえ、子どもにお金はかかるし、いくらあっても足りることはないでしょう。

そんなひとり親は、課税所得から控除される金額も他の人より多くなります。

養育費ももらおう

離婚して母子、父子家庭になった場合には、元配偶者から養育費を受け取れます。

離婚の際に取り決めをしても支払いが滞り、諦めてしまう人も多いようですが、子どもの権利としてきちんと請求しましょう。

口約束にならないように、きちんと支払われるように、公正証書を作成するなど整えておくことが大切です。

年収400万円はなかなか悪くない!

年収400万円は、男性の年収としては低めですが、女性では比較的レベル高めの年収です。

贅沢はできないかもしれませんが、比較的豊かな暮らしができます。

もっと稼ぎたい人は、転職や副業なども検討してみましょう。

-豆知識・雑学
-,

© 2022 働く!を彩るワンポイント Powered by AFFINGER5