起業・フリーランス

会社を設立!どんな申請・準備・資金集めが必要か?

フリーランスで仕事をしていると、会社になった方がいいなと思いますよね。

また、会社員をしていて、自分が経営者になりたいと思うことも多いものです。

会社を設立する時、どんな申請や準備が必要かお伝えします。

会社設立には資金集めも必要です。

新規事業を創出する時に必要な視点・観点

会社設立に必要な申請・役所は?

会社を設立するために必要な申請や手続き方法を抑えましょう。

公証役場で定款認証

作成した定款を公証役場に提出し、認証の手続きをします。

定款を作成し、公証役場で認証を受けます。

  1. 商号
  2. 事業目的
  3. 本店所在地
  4. 設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
  5. 発起人の氏名および住所

資本金を振り込む

資本金を会社の口座に振り込みます。

必要な金額を用意しておきましょう。

法務局で会社設立登記

登記は法務局で行います。

申請書や定款、資本金を振り込んだ会社の口座の通帳のコピー、印鑑登録した証明書や実印などが必要です。

会社設立に必要な準備

会社を設立するためにどんな準備が必要か見てみましょう。

実印

社名が決まったらまず実印を作り、印鑑届をします。

印鑑登録した印鑑が実印です。

登録に必要な人数の役員

最低人数は、取締役1人が必要です。

出資した人が役員になることもあります。

資本金(出資金)

資本金を集めて、登録をします。

必要な金額は後述します。

ホームページ

会社のホームページはあると良いでしょう。

もちろん、会社の設立とホームページ立ち上げが同じ日でも問題ありません。

エックスサーバーは初めてでも使いやすいため、おすすめです。

また、ホームページのデザインを自分でできない人には、ココナラというサービスがあります。




会社を設立するのに必要な資金調達

会社を設立するに、資本金が必要です。

資本金は設立する時に使うため、それに必要最低限の金額を調達しましょう。

資本金はいくらがいい?

資本金は会社の体力として見られるため、できる限り多い方がいいです。

資金として必要ないから、と言って、少なく見積もるのはNG。

1円で会社設立できますが、資本金1円はやめましょう。

運転資金などをみて、100万円以上を資本金にします。

設立・運転資金はいくら?

設立する時に事務所やオフィス設備が必要です。

その費用は50万円位になります。

また、運転資金にも100万円が必要です。

従業員を雇う場合は、人件費を考えましょう。

資金調達はどの方法?

良いのは銀行融資や補助金・助成金です。

自己資金や親兄弟に借りることも良いでしょう。

必要なものを準備してラクラク会社設立へ

会社を設立することは楽ではないものです。

しかし、必要な準備をすることで、案外と楽に会社を設立できます。

まずは、何が必要か準備のしかたを理解しましょう。



-起業・フリーランス

© 2022 働く!を彩るワンポイント Powered by AFFINGER5