起業・フリーランス

独立起業に向いているネットビジネスは?得意と好きを生かせる業種5選

独立起業は、どんなビジネスを選ぶか、事業の内容が重要です。

自分が始めやすくて続けやすい、そしてリスクも低いビジネスにはどんなものがあるでしょうか?

働きながらでも起業準備がしやすく、成功しやすい独立起業向きのネットビジネスについてまとめました。

事業を起こすには、業種選びが最も重要!
ねこた

関連記事

女性の起業には女性ならではのメリットデメリットが。

女性の起業は難しい?女性起業のメリットデメリットと成功のヒント

独立起業のビジネス選びのポイント5つ

独立起業でビジネスの内容に迷ったら、以下の5つのポイントに注目して選びましょう。

自分らしく、無理なく起業できる事業を選ぶことで、成功を引き寄せられます。

小資本

スモールビジネスから始めてじっくり育てていくことは、起業でリスクを抑えるために重要なポイントです。

起業にはリスクがつきものですが、最初から大きな資本をつぎ込まないことで失うものを最低限に抑えられます。

大きな成功を納めたい人でも、小さな資本で始めて、一歩ずつステップアップしていけば良いのです。

継続できる

継続していける、将来性が期待できることは事業としての基本です。

事業や市場に成長性があり、ビジネスモデルも運任せや一発屋の要素がないことが必要となります。

自分の得意を生かせる

事業内容や業種が自分の得意な分野であることも重要です。

細かい気遣いができる、人に教えるのが上手、機械に詳しいなどの他、資格を取得している分野なども選択肢になります。

自分の好きを生かせる

自分の好きなこと、興味あることも起業に選ぶ分野としては適しています。

自分の興味のない分野に進出しても、事業に本気になれません。

少なくとも、苦手ではない、楽しめる分野であるとモチベーションも維持しやすくなるでしょう。

自動化・外注化できる

独立起業で最終的に目指したいのは、経営者である自分は経営に集中するモデルです。

そのためには、実務の自動化や外注化ができる事業であることが望ましいと言えます。

最初はすべて自分でやるにせよ、実務のルーティンを体系化し、従業員や外注業者に任せても同じように進められることを目指したいものです。

ネットビジネスは独立起業にピッタリ!

テレワーク リモートワーク

上記の独立起業のポイントにピッタリ適合するのは、インターネットを活用して行うネットビジネスです。

ネットビジネスには、以下のような点で独立起業に向いていると思われます。

少ない資金で始められる

ネットビジネスは、比較的少ない資金で始められます。

販売をするにせよ、実店舗を持てば貸店舗の契約費用や家賃などの固定費がかかりますが、ネットショップであればウェブサイトを作る費用や販売手数料程度です。

自宅で気軽にできる

ネットビジネスは、実店舗やオフィスを持たずに始めることが可能です。

自宅のパソコンでショップを立ち上げたり、取引先とやり取りしたり、商品を仕入れたりできます。

プチ起業・副業からでも始められる

ネットビジネスは自宅で気軽にできるため、プチ起業や副業にもおすすめです。

会社員が帰宅後~就寝前、主婦が子どもが学校に行っている間など、スキマ時間で働くこともできます。

世界中をターゲットにできる

ネットワークでつながる

インターネットを使うことで、実店舗では出会えない範囲の人々をターゲットにできます。

距離的に来店できない人でも、ネット通販ならば購入できますし、24時間いつでも商品を見られます。

広い範囲にターゲットを持つことで、ビジネスチャンスを広げます。

クラウドソーシングで外注化も簡単

クラウドソーシングも取り入れやすいのがネットビジネスの特徴です。

外注化を目指す際に、ネットで外注業者を探せるクラウドソーシングは役立ちます。

クラウドソーシングではネットを使ったさまざまな仕事を請け負う人が登録しており、大変便利です。

独立起業におすすめのネットビジネス5選

独立起業に向いているネットビジネスを5種類紹介します。

自分の興味や得意を生かし、効率的に始められるビジネスを探してみましょう。

情報商材

情報商材とは、ネットで売買するノウハウなどの情報のことです。

自分の得意分野の情報や知識、やり方などを音声や動画、文章にまとめて、データとして販売します。

販売する人は一度データを作っておけば、その後は自動で売れて収益が入る仕組みです。

お金のやり取りは決済事業者を使うと簡単ですし、元手は最初にデータを作成するための費用だけで済みます。

動画作成などは、クラウドソーシングで外注すれば技術面は補えます。

せどり・転売

せどりや輸入転売などは、仕入れ費用が多少必要ですが、小さなビジネスからスタートでき、副業などからも始められます。

さまざまな商品があるため、自分の得意分野も見つけやすく、誰でもできるビジネスです。

基本的には、安売りの量販店やアウトレットモールなどから仕入れ、アマゾンや楽天市場などのECモールに出店します。

仕入れにハードルの高さを感じる人は、在庫を持たない「ドロップシッピング」という販売方法もあります。

ネット通販・ネットショップ経営

ネット通販、ネットショップは、自分でインターネット上に自分だけのお店を出す方法です。

ECモールへの出店とは違い、独立したネットショップネット氏を経営します。

ECモールより販売するものに制限が少なく、自分の売りたいものを売りやすい手法です。

ハンドメイド品や独自ルートで卸せる商材がある人におすすめです。

また、情報商材を自分のネットショップで売ることもできます。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、ブログサイトやSNSでバナー広告を貼り、広告経由で商品やサービスが購入されると収益が広告主から入る仕組みです。

ブログサイトであればドメイン代(無料のブログサービスもある)のみ、SNSであれば無料で始められます。

商品やサービスを購入してもらうための文章スキルは必要ですが、低コストでできるネットビジネスです。

上記ジャンルのコンサル

これまで紹介してきたようなネットビジネスを教えるコンサル業も、ネットビジネスとして成り立っています。

上記の事業である程度の実績が出てきたら、次の事業としてコンサル業を始めるのも良いかもしれません。

コンサル業では、マンツーマン指導やメルマガ発信、コンサル生を集めたオンラインサロンなどでサブスクリプション的な料金体系を作ると安定した継続収入が期待できます。

ネットビジネスで独立起業が進む

ネットワークでつながる

ネットビジネスは、独立起業を目指す人が取り組むのにおすすめです。

小資本でスモールビジネスとして始められ、自宅のパソコン一台で世界を相手にできます。

より低リスクで始めたい人は、まずはプチ起業や副業として開始してみて、軌道に乗ってから本格的に独立しましょう。

-起業・フリーランス
-, , ,

© 2022 働く!を彩るワンポイント Powered by AFFINGER5