起業・フリーランス

せどりとは?稼げる仕組みとメリット・デメリット

せどりは、比較的古い商売の方法ですが、今でもその手法で稼いでいる人がいます。

聞いたことはあっても詳しくは知らないという人も多いせどり。

実は副業やプチ起業として稼ぐのに適しています

副業で稼いでみたい人は、せどりをチェックしてみてください。

ねこた
資格も才能もスキルも必要ないせどり。誰でも簡単に稼げます。

せどりとは

 

せどりとは、小売店などから安く仕入れて個人の消費者に売る商売の方法です。

せどりはメーカーや卸業者から仕入れる一般的な商売とは違い、個人のちょっとした小遣い稼ぎとしても始められます。

仕入れの方法には2種類あり、その方法に応じて呼び方が変わります。

古書の取引が由来

「せどり」は古書の取引からつけられた呼び方です。

本来、古書の売買の仲介を行い手数料を稼ぐものをせどりと呼んでいました。

「背取り」や「競取り」と書き、「本の背表紙を見て取る(仕入れる)」や「競って取る(仕入れる)」の意を示します。

今では本以外の商品も扱いますが、売買の仲介で儲けるやり方は同じです。

電脳せどりと店舗せどり

せどりには、電脳せどりと店舗せどりがあります。

電脳せどりは「電脳=コンピュータ」を使ったせどりで、つまりはネットで仕入れてネットで売る方法です。

店舗せどりは文字通り、実店舗のリサイクル店などで仕入れますが、販売はネットを使います。

販売先として多いのは、大手ECモールであるAmazonです。

せどりが稼げる仕組み

せどりは、個人のバイヤーが小売店や個人のフリマ出品者などから商品を仕入れます。

普通では利益を出せないような方法ですが、せどりならではの仕組みで儲けられるようになっています。

一般的には、以下のような仕組みで儲けることができます。

  • 安い商品を仕入れて適正価格で売る
  • セールで値段の下がった商品を適正価格で売る

安い商品を仕入れて適正価格で売る

販売で利益を得る仕組み

安く売られている商品を仕入れ、適正価格で売って差額を儲けるのがせどりの基本です。

元が安いので、あえて高く売らなくても利益を出せて、購入する人の負担も増えません。

安い掘り出し物の探し方

ネットショップやオークションサイト、フリマ、リサイクルショップなどには、本来もっと高値で売れるはずなのに安く売られている商品があふれています。

商品の本当の価値が分からない、売るのに自信がないといった個人は特に、安い値段でたたき売りする傾向です。

リサイクルショップなどでも、たくさんの商品を扱うため、画一的で安易な値付けによって安値が付いていることがあります。

セール品を適正価格で売る

セール品も安く仕入れられるという点では有効です。

セールで安くなった商品を仕入れて、適正価格で売ることで利益を出します。

ただし、セールイベントの時を狙ってタイミングよく安い商品を探す必要があります。

楽天スーパーセールは特に、せどりの仕入れで人気のセールです。

また、実店舗ではブックオフやハードオフなどもセールを時々実施しています。

せどりのメリット・デメリット

せどりには良い面もあまり良くない面もあります。

せどりに興味を持ったら、メリットとデメリットを比較して、どちらの方が影響が大きいか考えてみましょう。

せどりのメリット

せどりにはいくつものメリットがあります。

特に、副業などから少しずつ稼いでいきたい人に嬉しいメリットです。

誰でもできる

資格もスキルも必要なく、才能よりもコツコツ実績を積むことで成功できるのがせどりの良いところです。

仕入れて売るだけのシンプルな仕組みは人を選ばず、誰でも仕入れ方や情報収集の仕方を知ることで稼いでいけます。

とりあえず必要なのは仕入れコストのみ

せどりは、仕入れてネットで売るだけの商売です。

そのため、最低限どうしても必要となるのは仕入れコストのみと、非常に低コストで始めることができます。

梱包代や送料など、多少の細かい費用はかかりますが、オフィスや設備機器など、大きな資金がかかる準備は必要ありません

また、とりあえず体験したい人は自宅の不用品を売ってみることで仕入れコストなしに利益を出すことも可能です。

関連記事

せどりツールが豊富

せどりでは、さまざまなツールを使って効率的にリサーチや情報収集を行うことができます。

リサーチツールや自動計算ツールなど、せどり関連のツールは豊富なので、自分に合ったものを使って効率化を目指せそうです。

ツールはアプリなどもありますが、グーグルの拡張機能も充実しています。

始めたばかりの人も、知識の浅さや効率の悪さはツールで補えます。

せどりのデメリット

せどりのデメリットは始めたばかりの頃よりも商売に慣れた頃に起こりがちです。

始める前に知っておくことで、後々問題にならないか、予防できないか考えておきましょう。

不良在庫のリスクがある

せどりのデメリットは、在庫を持つリスクがある点です。

仕入れた商品が売れないとそれは不良在庫になります。

いつまでも売れない不良在庫は資金繰りを悪くする原因の一つです。

売れないから利益も出ませんし、仕入れに使った資金も取り戻せません。

また、なかなか売れないと商品自体が古く&流行おくれになり、どんどん売れるチャンスを失います。

仕入れ量が増えると倉庫スペースが必要になる

商売が順調に進むと、徐々に規模を大きくしていきたいと思う人もいるでしょう。

その際に問題となるのが商品を置くスペースです。

せどりを始めたばかりの頃は、資金も少ないため仕入れ量も保管するスペースも少なく済みました。

しかし、扱う商品量が増えれば、おのずと広い保管スペースが必要となります。

せどりは有在庫が基本なので、商品を置く場所がないと大きな規模の商売もできません

悪質な転売屋と間違えられて悪印象を持たれる

せどりと似たようなビジネスモデルに「転売」があります。

どちらも安く仕入れて高く売るのは同じですが、転売は主に希少価値や人気のある商品を定価よりも高く売るのがメインです。

そのため、転売をする人は「転売ヤー」などと揶揄され、悪い印象を持たれることも多くなります。

せどりは仕入れた商品を適正価格で販売するもので、必要以上に高値を付けることはありません。

しかし、仕組みをよく知らない人にとっては同じように見えます。

時には、せどりしていることを知った友人や知人から非難されたり陰口を叩かれたりするかもしれません。

実は転売だって、正しく売買すれば違法ではありませんし、誰から責められる筋合いもありません。

一部の悪質な業者以外は正しく商売している人がたくさんいます。

しかし、多くの悪質な転売ヤーによって印象が悪化しているのは事実です。

せどりは誰でも始められるビジネス

せどりは難しい知識やスキル、資格も必要なく、誰でも気軽に始められる副業です。

仕組みが分かりやすいため、全く知識のない人でも手探りでやっていけます。

詳しく知らない人も多く、誤解されることもありますが、正しい商売の方法なので安心して始めましょう。

-起業・フリーランス
-, , , ,

© 2022 働く!を彩るワンポイント Powered by AFFINGER5